システム革命、システム学習 – Systems Revolution in Learning

The systems view of science focuses on relationships, describing a universe where everything moves and flows like a river…

1934200_10153754906449299_8732520765575250189_n

All of the Japanese text here is from this article at the Change Agent website:「学習する学校」レポートより:「学習する組織」のアプローチ.  It is followed by a translation in English.

過去100年ほどにわたって、科学観は「システム革命」ともいえる大きな転換を迎えている。工学でのフィードバック理論に端を発し、物理学の量子力学や生物学の分野で発展して、現在では認知行動科学や社会科学にも浸透している。この科学観は、静的な「機械システム論」ではなく、動的な「生きているシステム」論に基づいている。

ニュートン派の見方では、世界はもので構成されるが。「ニューサイエンス」とも言われる新しい科学観において、現実を知るときに、「もの」に注目するのではなく「関係性」に注目をする。

Over the past 100 years, the view of science has undergone a major shift that can be called the “Systems Revolution”. It originated in feedback theory in engineering, developed in the fields of quantum mechanics and biology of physics, and now permeates cognitive behavioral science and social science. This scientific view is based on the dynamic “living system” theory, not the static “mechanical system theory”.

In the Newtonian view, the world is made up of things. In [the unified] scientific view called “New Science” [or Systems Science], when you know the reality of systems, you pay attention to “relationships” rather than “things”.

systemsscience1a1 2.jpg

人の手を構成する物質は、数ヶ月で完全に入れ替わり、人体も数年のうちに入れ替わる。人はものではなく、常に再生を続けるプロセスないしその能力であるといってよい、人体は、いわば川のようなもので、常に流れているもののスナップショットを見て、私たちは「もの」だと考えている。

397825_304721952992080_1098340286_nしかし、物質とは、基本的に関係性の結果生ずるのである。このことから、生物学者は、「生きているシステム」を自己生成的であるという。「生きているシステム」は、みな自己を創り出す能力を持っていて、そのために自己組織化し、環境を認知する―その意味を見出すことができるのである。プロセスである。

「生きているシステム」の世界観は、ニュートン的な見方を否定するものではなく、包含するものである。問題は、全てのことをニュートン的な「もの」や「マシーン」によって理解しようとする私たちの暗黙の習慣にあるといえるだろう。

Substances that make up human hands are completely replaced in a few months, and the human body is also replaced in a few years. It can be said that people are not things, but always a process or ability to continue to regenerate, the human body is like a river, and we are “things” by looking at snapshots of structures that are always flowing.

However, a substance basically results from relationships. For this reason, biologists say that “living systems” are self-generating. “Living systems” all have the ability to create themselves, so that they can self-organize and perceive the environment—where life can find its meaning. It is a process. 

The view of the world of “living systems” does not deny the Newtonian view but includes it. The problem lies in our implicit habit of trying to understand everything through the Newtonian ideas of “things” and “machines”. 

10489739_502457599885180_99425016509853008_n

「生きているシステム」として学校教育を捉え直すと、学習プロセスが「生き生き」とする。

・教師中心ではなく、学習者中心の学習が起こる

・画一性ではなく、多様性が奨励される―多様な知能(multiple intelligence)や学習スタイル

・「事実の羅列と正しい答え」を丸暗記するのではなく、相互依存と変化として世界を理解する

・教育プロセスに関与するすべての人の「使用理論」(現実に活用する論理)が何か探求する

・友達、家族、地域コミュニティを紡ぐ社会的関係のネットワークの中で教育を再統合する

学校を「生きているシステム」として捉えるならば、常に進化していることがわかる。その進化を助けるのは、そこに参加する学習者の問いである。また、教師の仕事も同様であり、子供たちが自然にもっている学習プロセスを支援することが重要な仕事となる。

When we re-examine school education as a “living system”, the learning process comes “alive”.

  • Learner-centered learning occurs, not teacher-centered.
  • Diversity is encouraged, not uniformity—multiple intelligence and learning style.
  • Understand the world as interdependence and change, instead of memorizing “lists of facts and correct answers.”
  • Search for “use theory” (practical logic to be used in reality) of all people involved in the education process.
  • Reintegrate education within a social network of friends, family, and local communities

If you think of school as a “living system”, you can see that it is constantly evolving. It is the question of the learner who participates in helping the evolution.  Also, teachers’ jobs are the same, and it is important to support the learning process that children have naturally.

11057709_10153644270704394_4443906481964605237_n

「学習する学校」は、少なくとも3つのシステムのレベルで考えることができる。

       ・学習するコミュニティ

・ 住民と学校の双方が、学校-地域の相互依存の関係を認識する必要がある。

・ 学校はまた、あらゆる年齢層の学習促進をする格好の場所であり、地域の「生涯学習者」にとっての生涯学習促進の環境を作る役割がある。

「学習する学校」のプログラムを進める上で、その骨格をなすのがビジネスの世界ですでに実績を出している「学習する組織」という考え方である。

「学習する組織」は、MITスローンビジネススクールの上級講師であるピーター・センゲによって統合された、組織・人財開発のアプローチで、フォード、GE、シェル、BPなどを始め、世界の多くの企業の役員研修に導入されている。

「学習する組織」とは、「チームが目的を効果的に達成するための能力と気づきの状態を高め続ける組織」のことを指す。学習する組織で掲げられる「5つのディシプリン(学習し修得すべき知恵と技の総体)」は、以下のとおりである。

1)メンタルモデル

「メンタルモデル」とは、マインドセットやパラダイムを含め、それぞれの人がもつ「世の中の人やものごとに関する前提」である。自らのメンタルモデルとその影響に注意を払い、うまくいかないときには外にその原因を求めるのではなく、自らのメンタルモデルの欠陥を探求する。

2)チーム学習/ダイアログ

「チーム学習」とは、チーム・組織内外の人たちとの対話を通じて、自分たちのメンタルモデルや問題の全体像を探求し、関係者らの意図あわせを行うプロセスである。中でも、「本音で腹を割って話す」ことに主眼を置き、集団で気づきの状態を高めて真の問題原因・目的を探求する一連の手法を「ダイアログ」という。

3)システム思考

「システム思考」とは、ものごとを一連の要素のつながりとして捉え、そのつながりの質や相互作用に着目するものの見方である。しばしば、全体最適化や複雑な問題解決への手法としても応用される。「生きているシステム」論の根幹をなす考えでもある。

Screen Shot 2015-09-10 at 8.15.49 PM

4)自己マスタリー

「自己マスタリー」とは、自分が「どのようにありたいのか」「何を創り出したいのか」について明確なビジョンを持ちながら、ビジョンと現実との間の緊張関係を創造的な力に変えて、内発的な動機づけを行うプロセスである。

5)共有ビジョン

「共有ビジョン」とは、経営者や構成員のそれぞれのビジョンを重ね合わせて、組織として共有・浸透するビジョンを創り出すプロセスである。ひとたび、ビジョンが共有されれば、それが組織の行動、成果、学習の指針をコンパスのように示す。

この5つのディシプリンのうち、1)と2)が「共創的な対話を行う能力」、3)が「複雑性を理解する能力」、そして4)と5)が「志を育む能力」として整理され、学習する組織においては、この3つの能力をバランスよく伸ばすことが重要とされている。

学習する組織は、上記の5つのディシプリンを中核とおくものの、その他の学習コンセプトも取り入れている。例えば、「多様な知性(multiple intelligence)」、「思考の習慣(habits of mind)」などがその例である。

1453539_667365406628625_1320687456_n

A “learning school” can be considered at the level of at least three systems. 

・Community to learn

・Both residents and schools need to be aware of the interdependence between schools and communities.

・The school is also a good place to promote learning for all ages, and has the role of creating an environment for promoting lifelong learning for local “lifelong learners”.

The concept of “learning organization”, which has already achieved results in the business world, is the backbone of the “learning school” program.

“Learning Organization” is an organizational and human resource development approach integrated by Peter Senge, senior lecturer at MIT Sloan Business School. Ford, GE, Shell, BP, and many other companies around the world Introduced in executive training.

“Learning organization” refers to “an organization that continues to improve the ability and awareness of teams to effectively achieve their goals”. The “5 disciplines” (the total of wisdom and skills to learn and acquire) listed in the learning organization are as follows.

971854_575795465785620_1014001935_n1) Mental model – “Mental model” is the “premise of people and things in the world” that each person has, including mindsets and paradigms. Pay attention to your mental model and its consequences, and if it doesn’t work, look for the defects in your mental model, rather than seeking the cause outside.

2) Team learning / communication – “Team learning” is a process of exploring their mental model and the whole picture of problems through dialogue with people inside and outside the team and organization, and matching the intentions of the parties concerned. Above all, the “dialog” is a series of methods that focus on “speaking with real intentions” and searching the true cause and purpose of the problem by raising the state of awareness in the group.

3) Systems thinking – “Systems thinking” is a way of looking at things as a series of connected elements and focusing on the quality and interaction of the connections. It is often applied as a method for global optimization and complex problem solving. It is also the idea that forms the basis of the “living system” theory.

sungha-jung-sungha-jung-17204895-640-426

4) Self-mastery – “Self-mastery” means having a clear vision of “how you want to be” and “what you want to create”, changing the tension between vision and reality into creative power, This is an intrinsic motivation process.

5) Shared vision – “Shared vision” is the process of creating a vision that can be shared and permeated as an organization by superimposing the visions of management and members. Once a vision is shared, it shows the organization’s behavior, results, and learning guidelines as a compass.

Of these five disciplines, 1) and 2) are “capabilities of co-creative dialogue”, 3) are “capabilities of understanding complexity”, and 4) and 5) are “capabilities of nurturing will” In an organized learning organization, it is important to develop these three abilities in a balanced manner.

The learning organization has the above five disciplines at its core, but incorporates other learning concepts. For example, “multiple intelligence”, “habits of mind”, and the like.

Solutionaries

 

 

About Christopher Chase

Co-creator and Admin of the Facebook pages "Tao & Zen" "Art of Learning" & "Creative Systems Thinking." Majored in Studio Art at SUNY, Oneonta. Graduated in 1993 from the Child & Adolescent Development program at Stanford University's School of Education. Since 1994, have been teaching at Seinan Gakuin University, in Fukuoka, Japan.
This entry was posted in Creative Systems Thinking, education reform, Learner-centered education. Bookmark the permalink.

1 Response to システム革命、システム学習 – Systems Revolution in Learning

  1. Eliza Ayres says:

    Reblogged this on Blue Dragon Journal.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s